キタログ

北の暮らし、北のグルメ・観光、子育て・学び

【夜の鶴、月の芋。】札幌大通の薄皮焼き芋餡パン専門店のメニュー・焼き上がり時間

夜の鶴、月の芋

2020年7月15日、大通公園近くの市電通り沿いにオープンした『夜の鶴、月の芋。』

 

まるやまめろん、ことにサンドを手がけたプロデュース集団による薄皮焼き芋餡パン専門店です。

 

薄皮焼き芋餡パンとは、いったいどんなものなのでしょうか?そのお味とメニュー、焼き上がり時間をご紹介します。

 

 

『夜の鶴、月の芋。』とは

夜の鶴、月の芋

詩的な店名ですが、その意味はというと、

 

夜の鶴・・・夜半に子を思い鳴く鶴の姿を表現した言葉。おいしい大切な餡を包み込む作り手の愛情を表現しています。

 

月の芋・・・さつまいもの黄色く光る蜜の濃さを表現した言葉。

 

小麦粉は北海道産「ゆめちから」を使用。黄色く蜜のように光るさつまいも餡を薄皮生地で優しく包んでいます。

 

使用しているさつまいもの種類は企業秘密ですが、時期によって産地を変更しているそうです。

 

『夜の鶴、月の芋。』のアクセス・駐車場

● 地下鉄大通駅1番出口から徒歩3分

 

夜の鶴、月の芋 外観

住所:北海道札幌市中央区南1条西5丁17-2 プレジデント松井ビル100 1階

TEL :011-212-1212

営業時間:10:00〜売り切れまで

定休日:不定休

駐車場:なし

※ 変更もありますので、詳細は公式インスタグラムまで。

 

『夜の鶴、月の芋。』のメニュー

夜の鶴、月の芋 メニュー

価格は税込です。

● 元祖薄皮焼き芋あんぱん 400円

● お土産セット(3個+ギフト箱)1,250円

● 焼いもんぶらんパフェ(1日限定50食) 600円

● 北海道牛乳ソフトクリーム 350円

 

薄皮焼き芋あんぱんの焼き上がり時間 

夜の鶴、月の芋 営業時間

開店当初よりも焼き上がり時間が増えました!

● 10:00〜 30個

● 11:00〜 30個

● 12:00〜 30個

● 13:00〜 20個

● 14:00〜 20個

  

『夜の鶴、月の芋。』のイートイン・大通公園もおすすめ

夜の鶴、月の芋 お土産

『夜の鶴、月の芋。』にイートインスペースはありませんが、隣接している「大衆串横丁てっちゃん南1条店」の店内でいただくことができます。

 

大通公園からすぐなので、大通公園のベンチで熱々を食べるのもおすすめ!

  

薄皮焼き芋餡パンを食べた感想 ・そのお味は? 

夜の鶴、月の芋
3個入りのお土産セットを購入。パッケージがとっても可愛い。

 

ずっしりと重みがあります。

 

夜の鶴、月の芋 中身

お土産セットの中はこんな風に薄皮餡パンが並んでいます。

 

夜の鶴、月の芋。アンパン

見た目も焼き芋をイメージして、あんパンの上部は紫色の生地に。

 

手に取るとずっしりとしています。

 

夜の鶴、月の芋 蜜のあんぱん

半分に切ってみると、焼き芋餡がぎっしり!黄色く光る蜜のような色がきれいです。

 

出来たて熱々がおすすめですので、テイクアウト後にすぐに食べましょう!熱々で食べると、しっとり・ねっとりした焼き芋を食べているかのような食感。

 

お土産として持ち帰って、冷めてしまっても美味しいです。冷めると、さらに旨味が浸透したようなしっかりとしたお味。栗きんとんのような、特別感を感じます。
 

まとめ|『夜の鶴、月の芋。』で熱々の薄皮焼き芋あんぱんを! 

2020年7月15日、大通公園近くの市電通り沿いにオープンした『夜の鶴、月の芋。』をご紹介しました。

 

まるやまめろん、ことにサンドを手がけたプロデュース集団による薄皮焼き芋餡パン専門店です。

 

焼き上がり時間に合わせてぜひ行ってみてください。熱々の出来立てをお召し上がりください!

おすすめ関連記事

www.kitalog634.com