キタログ

北の暮らし、北のグルメ・観光、子育て・学び

札幌の変わった自動販売機まとめ|餃子!出汁!ケーキも買えるおもしろい自動販売機集めました

札幌 自動販売機

24時間好きな時に利用できる自動販売機。ジュースやアイスが定番ですが、札幌市内にはその他変わったものを販売する自動販売機が急増中です。

 

札幌市内にあるユニークな自動販売機をご紹介します。

 

PARK DELI(パークデリ)|北海道キッシュの自動販売機 

パークデリキッシュ自動販売機

中央区南9条にある北海道冷凍そうざい専門店『PARK DELI(パークデリ)』前に設置されているキッシュの自動販売機。

 

『PARK DELI(パークデリ)』は、百貨店のおせちを製造したり、どさんこプラザや大丸でデリを販売する実力店。小麦粉、チーズ、卵、ほとんどの食材が北海道産で、保存料も使用せず安心安全なメニューを提供しています。

 

催事出店時は閉店していることも多いこのお店。自動販売機でいつでも手に入る「北海道キッシュ」を工場特売価格で購入できます!

 

パークデリ キッシュ

ドリンクと並んで販売されている不思議な光景。

 

ホタテのキッシュ
ベーコンキッシュ

キッシュ5種類はすべて、工場直売価格です。ネットで購入するよりもお得です。

● 雲丹のキッシュ(500円)

● 厚切りベーコンのピザ風(400円)

● 根室産帆立のキッシュ(400円)

● 知床サーモンとほうれん草(400円)

● 4種チーズとクルミ(400円)

 

パークデリ キッシュ

チーズがとろとろでいい香りです。チーズがかなり濃厚で、生クリームも加わりリッチな味に仕上がっています。キッシュのサイズは小さいのですが、1つだけでかなり満足感があります。 

 

● 住所:北海道札幌市中央区南8条西9丁目755

● TEL:011-596-7096

● 営業時間:11:00〜19:00 ※ 変更の可能性あり

● 定休日:不定休

● 公式サイト:PARK DELI

● 駐車場:あり(店舗前)

アクセス:地下鉄南北線「中島公園駅」から徒歩10分、市電「山鼻9条駅」から徒歩4分

※ 2021年2月現在の営業時間は変更されています

● 定休日:毎週月曜日

● 営業時間:11:00〜18:00(平日)11:00〜17:00(土日)

  

PARK DELI北海道キッシュの自動販売機の詳細記事

www.kitalog634.com

 

だし道楽自動販売機|瀬戸内海の本格だしの自動販売機

だし道楽 自動販売機

「だし道楽」という500mlのペットボトル入りだしが2種類、自動販売機で販売されています。「だし道楽」は、広島県の瀬戸内海に浮かぶ江田島にある小さな醤油屋さんから生まれた万能調味料です。

 

ペットボトルの中に長崎県平戸産の炭火焼あごを丸々1匹入れ、熟成させることで素材そのものの旨味と風味をしっかりと出しています。

 

ひとつひとつ手作業で製造しているため、1日に製造できるのは約3000本と貴重なものとなっています。

 だし道楽 自動販売機

札幌の自動販売機で購入できる「だし道楽」は2種類。

 

● だし道楽 焼きあご入り(500ml)。お値段は、700円。

● だし道楽PREMIUM 焼きあご・宗田節入り(500ml)。お値段は、700円。

 

だし道楽 あご出汁

あご丸々一匹が見える衝撃のビジュアル。昆布も一緒に入っています。

 

中の魚は取り出して、鍋に入れもう一度だしをとったり、オーブンでこんがり焼き、粉末にしてふりかけにして楽しむことができます。

 

だし道楽自動販売機 設置場所

札幌市内の「だし道楽」自動販売機設置場所は4か所。

 

● 三井のリパーク「札幌北3西2」

● 三井のリパーク「札幌北1西5第2」

● 三井のリパーク「札幌南1西7」

● 三井のリパーク「札幌南2東2」

 

 ▽ だし道楽自動販売機の詳細記事

www.kitalog634.com

 

沖縄物産展札幌わしたショップ|沖縄ドリンクの自動販売機

札幌 沖縄物産店 わしたショップ外観

札幌の地下街オーロラタウン内で営業する『札幌わしたショップ』。沖縄の食品や土産物が幅広く揃うお店です。

店舗の隅に設置された自動販売機では、沖縄以外ではなかなかお目にかかれないドリンクが手に入ります。

 

沖縄ドリンク自動販売機

自動販売機で購入できる沖縄ドリンクは、現在14種類。シークワサードリンクが3種類(120円と170円)、さんぴん茶(160円)、黒糖玄米ドリンク(160円)、飲む極上ライスドリンク「ミキ(160円)」など。

 

沖縄産の青パパイアを使った「パパギャバ」と、果汁50%の「すっきりパイン」は店内では扱っていないので、自動販売機でしか購入できません。

 

ルートビア 沖縄ドリンク自動販売機

一番人気はA&Wルートビア(355ml・150円)。ガラナに近い飲み物です。

 

● 住所:北海道札幌市中央区大通西2-1 オーロラタウン内

● TEL:011-208-1667

● 営業時間:10:00〜20:00

● 定休日:年始、年2回の不定休(2月、8月)

  

沖縄ドリンクの自動販売機の詳細記事 

www.kitalog634.com

 

夢工房|ケーキの自動販売機

夢工房 自動販売機

北海道産の食材を使ったスイーツを手作りしている、札幌市白石区本通の洋菓子製造・卸『夢工房』。

 

『夢工房』では主にイベントや物産展に出店する業者、またホテルビュッフェや航空機機内食用の洋菓子を製造販売しています。

 

工場前には自動販売機が設置され、一般のお客さんもケーキを購入することができます。「従業員と対面せずにケーキが買える」と話題になっています。

 

自動販売機 夢工房

設置場所は、夢工房前と下村速達前の2カ所。販売されている冷凍ケーキの種類は5種類です。

 

夢工房 ケーキ切れ端

こちらは、以前の直売所で購入した「ケーキの切れ端200円」と「スポンジの皮150円」。

 

【夢工房】

● 住所:北海道札幌市白石区本通3丁目北5-1

● TEL:011-861-5565

● 公式サイト:夢工房

● 駐車場:なし

● アクセス:札幌駅から車で18分、JR白石駅から徒歩7分

 

夢工房の詳細記事  

www.kitalog634.com

 

まちのたまご屋さんコッコちゃん|産みたて卵の自動販売機

まちのたまご屋さんコッコちゃん 外観

札幌市手稲区曙11条にあるロッジ風の建物が目印の『まちのたまご屋さんコッコちゃん』。

 

卵メーカー「トーチク」が卵の自動販売機を設置し、養鶏場から直送した新鮮卵を販売しています。

 

ロッカー型の自動販売機には、6種類の卵を販売しています。次から次に卵だけを目的にお客さんが訪れる人気販売機です。 

  

まちのたまご屋さんコッコちゃん 店内ロッカー販売機

店内には、60ボックスあるロッカー型の自動販売機が設置されています。

 

自動販売機で購入できる卵は6種類。

 

● こくまろ卵 700g 250円

● こくちび卵 750g 200円

● でかまる卵 750g 200円

● アラジンのスモーク卵 2玉 150円

● 森のたまご 10玉 300円

● 伊勢の卵 6玉 350円

 

まちのたまご屋さんコッコちゃん でかまる こくちび

「でかまる卵」750g 200円と、「こくちび卵」750g 200円。

 

「でかまる」は10個、「こくちび」には15個の卵が入っていました。 

 

● 住所:北海道札幌市手稲区曙11条2丁目3-40

● TEL:011-685-4510

● 営業時間:24時間営業

駐車場:あり

アクセス:札幌駅から車で約30分

 

まちのたまご屋さんコッコちゃんの詳細記事 

www.kitalog634.com

 

ぎょうざの宝永|冷凍餃子の自動販売機

ぎょうざの宝永 自動販売機

札幌市北区新琴似『ぎょうざの宝永』の運営会社前に、冷凍餃子の自動販売機が設置されました!

 

「ぎょうざの宝永」といえば、もちもちの皮と餡の絶妙のバランスの餃子が人気です。

 

ぎょうざの宝永自動販売機 メニュー

自動販売機で購入できるメニューは2種類。

 

● ぎょうざの宝永 冷凍餃子20個入り 850円

● ぎょうざの宝永 冷凍チーズ餃子15個入り 900円

 

ぎょうざの宝永 自動販売機タッチパネル

自動販売機はタッチパネル方式です。まず、画面をタッチします。英語と日本語に対応しています。

 

ぎょうざの宝永自動販売機

パッケージに書かれている「冷凍餃子の美味しい焼き方」に従って焼くと、どなたでも美味しく餃子を焼くことができます。

 

ぎょうざの宝永の自動販売機 焼き方

パリパリでモチモチの皮の食感が良く食べ応えがあります。にんにく、ニラ、お肉がバランスよく入っています。

 

しっかりと味がついているので、筆者は何もつけないで食べて美味しかったです。

 

● 住所:北海道札幌市北区新琴似8条15丁目2-6 札幌北直営店

● TEL:011-763-4432

● 営業時間:24時間

● 定休日:無休

駐車場:あり

公式サイト:ぎょうざの宝永

アクセス:札幌駅から車で19分

 

ぎょうざの宝永の自動販売機の詳細記事 

www.kitalog634.com

 

ありが鯛本舗 こと葉|たい焼きの自動販売機

ありが鯛本舗 こと葉 たい焼き自動販売機

札幌市厚別区『ありが鯛本舗 こと葉』の前に、たい焼きが買える自動販売機が設置されています。

 

店舗内でも、パン・たい焼きを購入することができますが、お店の営業は週に4日のみ。フードロスを減らすために、また定休日でもたい焼きを買えるようにと、自動販売機が設置されました。

 

ありが鯛本舗こと葉 たい焼き自動販売機

上段は、普通にドリンクが並んでいます。缶コーヒー、ココアが90円からと低価格です。

 

自動販売機で購入できるたいやきメニューは、

 

● たい焼き3種類「福鯛(200円)」「パイ鯛(250円)」「パイ煉こしあん(250円)」

● チョコチップ割れクッキー(300円)

● 角食(100円)

 

フードロス削減のためですので、日によってメニューが変わります。

 

ありが鯛本舗 こと葉 たい焼き自動販売機

たい焼き2種類「福鯛」「パイ鯛」はロシアンたい焼きになっていて、何味が出てくるのかわかりません。

 

ワクワクしたい方はぜひこちらのボタンを押してみましょう!

 

餡には十勝産小豆を使用しています。商品は冷蔵で出てくるので、そのまま食べても美味しいですが、パイ鯛焼きは温めるとより食感が楽しめます。

 

ありがたい本舗 たい焼き

サクサクパイ生地の鯛焼き、もちもち生地の鯛焼きのどちらも違った味わいで美味しかったです。

 

● 住所:北海道札幌市厚別区厚別西2条4丁目2-18

● TEL:011-896-0100

● 営業時間:火・金・土 10:00〜19:30、日曜 11:00〜17:00

※ 自動販売機は24時間

駐車場:あり

※ 6月までは現在の場所で営業し、8月から厚別区の別の場所でリニューアルオープンの予定です。

 

ありが鯛本舗 こと葉の詳細記事

www.kitalog634.com

 

モモカーゴ(momocargo)|ドライフルーツの自動販売機

モモカーゴ 店舗外観

2021年3月に、札幌市西区山の手に移転オープンしたドライフルーツ専門店『モモカーゴ(momocargo)』。日中は移動販売をしていることが多いため、店舗前に自動販売機を設置さしてドライフルーツを販売しています。

 

人気の「いちご」や、「メロン」、マンゴー・パパイヤ・メロン等5種類入った「ミックス」など10種類を販売しています。

 

おやつに、ヨーグルトと一緒に食べたり、ケーキ作りにと幅広く利用できます。 

 

モモカーゴ ドライフルーツ自動販売機

ドライフルーツは写真のように、ビンやプラスチックの容器に入っています。

 

モモカーゴ 甘熟ぱいん

こちらは甘熟パイン、80g入り。完全なドライタイプではなく、セミドライタイプです。

 

甘酸っぱく、ジューシーです。おやつにそのまま食べても美味しいですし、ヨーグルトにもとても合います。

 

ナッツ類の賞味期限は、3ヶ月くらい。ドライフルーツの賞味期限は半年くらいです。

 

● 住所:北海道札幌市西区山の手2条1丁目4-1

● TEL:080-2872-4606

● 営業時間:12:00〜16:00

● 定休日:月・火・水・木・金

駐車場:なし

公式サイト:モモカーゴ

アクセス:札幌駅から車で13分、地下鉄東西線「琴似駅」から徒歩8分

 

モモカーゴドライフルーツの自動販売機の詳細記事

www.kitalog634.com

 

札幌ドン・キホーテ|はんこの自動販売機

はんこ自動販売機 札幌 ドン・キホーテ狸小路本店

10分でオリジナルのハンコが完成する「はんこの自動販売機」。

英語にも対応している上、外国の名前でも当て字に変換して作ることも可能なので、海外旅行客にもおすすめ。

 

フォントも選べ、デザインも入れてカスタマイズできるので自分だけのオリジナルはんこを作れます。

 

北海道内の設置場所は、現在(2021年7月)のところドン・キホーテ6店舗。

 

MEGAドン・キホーテ苫小牧店

MEGAドン・キホーテ新川店

ドン・キホーテ手稲店

ドン・キホーテ平岡店

● ドン・キホーテ小樽店

● MEGAドン・キホーテ札幌狸小路本店

 

ハンコ自動販売機 ドン・キホーテ狸小路

印字する文字や書体、印材などをガイダンスに従って入力するだけで簡単にお好みのハンコが完成します。

 

イラストを入れたり、かな、カタカナ、英数も入れられます。

 

ドン・キホーテ狸小路 はんこ自動販売機

印材の種類も豊富です。お値段は500円から2,500円のものがあります。

 

ドン・キホーテはんこの自動販売機の詳細記事

www.kitalog634.com

 

小樽なると屋|若鶏の半身揚げ・ザンギの自動販売機

なると屋 自動販売機

1952年創業、看板商品「若鶏の半身揚げ」で人気の『小樽なると屋』の店舗前に自動販売機が設置されました。
 

非対面で24時間いつでも、なると屋の「半身揚げ」「ざんぎ」「手羽先餃子」を楽しむことができます。 

 

札幌市内の自動販売機設置場所は、3ヶ所。全て、小樽なると屋の店舗前に設置されています。

 

手稲いなほ店

藤野テイクアウト店

新琴似テイクアウト店

 

小樽・余市方面、苫小牧、函館方面、旭川方面、美瑛、帯広にも設置されています。詳しい情報は、小樽なると屋公式サイトまで。

 

小樽なると屋 自動販売機

自動販売機で購入できるメニューは5種類。

 

● 若鶏の半身揚げ 980円

● なるとざんぎ(5個入り)650円

● 手羽先餃子(4個入り)520円

● 味付き若鶏冷凍生半身 950円

● 冷凍鶏モモ正肉(500g入り)230円

 

小樽なると屋 自動販売機

今回は「なるとざんぎ(5個入り 650円)」を購入。フードパックに入っています。

小樽なると屋 ざんぎ 自動販売機

商品は真空パックになっています。

 

小樽なると屋 自動販売機

電子レンジで5分温めるだけで、アッツアツに出来上がりました!

 

塩と生姜で仕上げた、さっぱりとした味わいのざんぎです。1個がすごく大きいので、2個も食べるとお腹いっぱいになります。

 

小樽なると屋半身揚げ・ザンギの自動販売機の詳細記事

www.kitalog634.com