キタログ

北の暮らし、子育て、英語学習情報

北海道・札幌の小学校の夏休み〜いつからいつまで?宿題は?

f:id:kitalog634:20190611104245j:plain

北海道の夏休み期間が首都圏と違うことは、有名ですよね。冬休みを長くとるため、他の地域よりも比較的涼しく過ごせる北海道は、夏休みが短くなっています。

 

近年首都圏では、公立小学校でも各教室に冷房が完備されています。涼しく授業を受けられるようになったために、東京都内では夏休みを繰り上げる小学校が増加しています。

 

さて、北海道の夏休みについて、他の地域と違うところをお伝えします。

 

 

北海道の夏休み、いつからいつまで?

札幌といくつかの主要な北海道の都市の夏休みを調べて見ました。

 

  小学校 中学校
札幌 7月26日〜8月19日 7月26日〜8月25日
小樽 7月27日〜8月20日 7月27日〜8月25日
帯広 7月25日〜8月20日 7月25日〜8月20日
釧路 7月25日〜8月18日 7月25日〜8月18日
旭川 7月25日〜8月19日 7月25日〜8月19日
函館 7月25日〜8月18日 7月25日〜8月18日

 

首都圏や他の多くの地域の夏休みは、7月20日頃から始まり8月31日までとなります。北海道の夏休みは1週間ほど遅く始まり、1週間から10日ほど早く終わるようです。

 

札幌と小樽の夏休みは、小学校と中学校が1週間ほどずれます。中学校が1週間長い夏休みとなります。それに対して、冬休みは小学校が1週間長くなります。冬休みも小学校と中学校の休業期間に1週間のズレがあるのです。

 

小学校と中学校に子供が在籍している場合、休み中の旅行の計画をする際は、そのズレを忘れずに計画ください!

 

北海道・札幌の小学校の夏休みの宿題は?

北海道の夏休みの宿題。期間が短いので少なめかな?という印象です。もちろん、地域や学校によって違うと思いますが、札幌の小学校の夏休みの宿題の一例をご紹介します。

 

絵日記・一行日記

一行日記といいうカラーのシートが配布され、そこに毎日一行の日記を書きます。夏休み前に、毎日やることを計画し、めあてにそって、規則正しい生活ができるように書き込んでいきます。

 

一行なので、「どこそこへ行きました。楽しかったです。」というように書き込むと終わりです。一行日記のシートには、夏休みの思い出を絵日記にするページもあります。

 

植物の観察日記

こちらは、高学年になるとありませんでした。低学年はアサガオやミニトマトなどを学校で育てますが、夏休みの間に自宅に持ち帰り観察して、観察カードにその様子を書き込みます。

 

自由研究

北海道・札幌の小学校では夏休みと冬休みの2回、自由研究があります。首都圏にいたころは、自由研究は取り組みたい子供だけするということでしたが、札幌では全員自由研究に取り組みます。

 

夏休み明けには、自由研究発表を学級で行います。低学年であれば、「私は、〇〇を作りました。こういうところを工夫しました。」程度の発表であるようです。

 

札幌の自由研究、文字通り自由です!説明のプリントが配布されることがありますが、工作あり、裁縫手芸あり、調べ学習あり、旅行日記ありとかなりの自由度です。

 

自由研究!大変だ!年に2回も!と初めは思いましたが、何をやっても自由ですし、研究と題するほどのものではなく、「おばあちゃんのところに旅行にいったよ!」のような内容で紙一枚のものでも大丈夫なので、無理のない範囲で楽しく取り組むことができます。

 

夏休みになると、デパート、公民館などの施設、大きな公園施設などさまざまなところで、自由研究になりそうな催し、ワークショップが開催されています。

自宅で大変そうだと思う方は、そのような催しに参加して準備されることをお勧めします。

 

国語・算数の学習課題ワーク

夏休みの家庭学習のために、国語と算数のワークブックが配布されます。20〜30ページほどのワークブックです。必ずすべてのページに丸つけをして提出します。

 

夏休みの読書

図書館の本を2冊借りて持ち帰ります。夏休み中に読みます。

 

北海道・札幌の夏休みの宿題にないもの

首都圏の夏休みの宿題で最難関のもの、第一位は読書感想文!ではないでしょうか。これが、札幌の小学校ではないのです。驚きました。そして感謝しました。

 

我が家の子供達が首都圏の小学校に通っていた頃、高学年になると読書感想文がありました。400字詰原稿用紙3枚を埋めるわけですが、これがなんと苦労すること。

 

小学校でも、そんなに長い文章を書いたことがないのですから、何をどう書けばいいのかまったくわかっていないのです。書き方の手引きを配布されても、親がかなりの協力をしなければ終わらない宿題でした。「子供の宿題ではなく、親の宿題になってるよ!」というママたちの声を毎年聞きました。

 

読書感想文がなぜないのか、すべての小学校でないのかはわかりませんが、我が家の子供達の小学校は読書感想文がなくとても助かりました。読書感想文は大変ではありますが、子供達にとって文章を書くよい経験になることは確かです。自由研究で読書感想文に取り組むというのもありです!

 

まとめ

北海道・札幌の夏休みは首都圏とくらべて期間が短く、夏休みの宿題も少なめ、軽めです。短い北海道の夏をおもいっきり楽しみましょう!