キタログ

北の暮らし、北のグルメ・観光、子育て・学び

札幌市中央区の青山とうふ店|昔ながらの手作り豆腐を堪能!

f:id:kitalog634:20190719182607j:plain
お豆腐は好きですか?美容にも健康にも良いお豆腐をもっと食べたいものです。とはいうものの、昔ながらの豆腐屋さんが見当たらなくなり寂しい限りです。

 

札幌の美味しい豆腐屋さんをもとめて探していたところ、中央区に昔懐かしい豆腐屋を見つけました。青山とうふ店です。

 

お豆腐購入には入れ物こそ持参しないものの、スーパーのように上にビニールで蓋をしたものではなく、ビニール袋に入れられて販売されています。なんだか懐かしく、嬉しい!

 

 

青山とうふ店はこんな店

f:id:kitalog634:20190719184034j:plain

地下鉄西18丁目からほど近く、裏参道と呼ばれる地域にあります。お隣のセイコーマートさんが目印。

昭和11年創業のこのお店、ミントグリーンの外観がひときわ目立っています。ニセコ産大豆100%を使用した、どさんこどうふ(もめん)、よせどうふがイチオシ商品のようです。

 

商品の種類はそれほど多くはありませんが、昔ながらの製法でしっかりとした豆腐を作り続けている職人魂のようなものが伝わってきます。

 

接客も昔懐かしい感じで、シンプルにさらっとでした。

 

青山とうふ店のアクセス、営業時間など

住所

札幌市中央区南1条西19丁目1-333

電話番号

011-631-6267

営業時間

7:00〜18:00

定休日

日曜日

駐車場

なし

青山とうふ店の店内をご紹介

f:id:kitalog634:20190719185309j:plain
工場で直接販売しているので、販売スペースは狭いです。店内入って5人ほど入れるかなという広さです。 

ガラスのスライドドアを開けて正面に小さな商品ケースがあります。中に入ってるのは納豆、ところてんと揚げ。豆腐のたれも置いてありました。

 

商品ケースの向こうに豆腐がたっぷりの水の中に入っているのが見えます。これ!これ!と心の中で叫んでしまいます!

 

青山とうふ店の商品

f:id:kitalog634:20190719191416j:plain

豆腐は商品ケースの中には入っていません。商品価格が手書きで貼られています。ここから選んで注文します。

主な商品はこちら:

・ニセコ産大豆100%使用 よせどうふ 300円

・ニセコ産大豆100%使用 どさんこどうふ 350円

・もめんどうふ 165円

・きぬ豆腐 165円

・焼き豆腐 165円

・油あげ 165円

・厚あげ 165円

・こあげ 42円

・がんもどき 105円

・小がんも(5個入り) 225円

・手あげ油あげ 185円

・こんにゃく 185円

・しらたき185円

・夏限定ところてん(タレ付き)150円

 

青山とうふ店で今回購入した商品

f:id:kitalog634:20190719192155j:plain

よせどうふ 300円。こんな状態で袋にいれてくれます。車で移動したので中の水分が出てきてしまっています!

f:id:kitalog634:20190719192344j:plain

この迫力!たっぷり入っています。 

食べてみましたが、大豆の味をしっかり味わえる昔ながらのよせどうふですね。思ったよりつるんとはしていませんでした。もしかして水分がかなり出てしまったからでしょうか?しっかりと弾力があり食べ応えがありました。

まとめ:中央区の青山とうふ店は昔ながらの手作り豆腐が手に入る懐かしいお店

青山とうふ店は昭和の時代を少し感じさせてくれる、手作りの豆腐店です。昔ながらの製法で丁寧に作られた豆腐をぜひ食べて見てください。

▽こちらもおすすめ

札幌の美味しいお豆腐屋さんをみつけた!中央区の石田食品直営店Kuu102

www.kitalog634.com

www.kitalog634.com

www.kitalog634.com